外構とエクステリア、何が違う?それぞれの違いと工事内容について解説!!

「新居を建てたら、外構もこだわりたいな」

そう考えながら、外構やエクステリアの違いについて調べているあなた。

「外構とエクステリアって、結局どっちなの?」

「どんな種類があって、それぞれどんなメリット・デメリットがあるの?」

そんな疑問や悩みを解決するために、本記事では外構とエクステリアの違いを徹底解説します。

また、外構とエクステリアの種類や、選び方のポイントについても詳しく説明します。

この記事を読めば、外構・エクステリアについてしっかり理解し、あなたにぴったりのプランが見つかります。



■外構とエクステリアの定義

外構とエクステリアは、どちらも家の外側の空間を整えるものとして、よく混同されがちです。しかし、実は両者には明確な違いがあります。


・外構とは?

外構とは、家の外にある構造物や設備の総称です。門扉やフェンス、カーポート、アプローチ、駐車場、庭など、家の外にあるものをすべて外構と呼びます。

外構の目的は、大きく分けて以下の2つです。

家の安全性やセキュリティの向上
家の美観や機能性の向上


家の安全性やセキュリティの向上

外構は、家の外からの侵入者を防いだり、不審な動きを察知したりする役割を担います。そのため、門扉やフェンスは、しっかりとした強度と耐久性を持ったものを選ぶことが大切です。また、防犯カメラやセンサーライトを設置することで、さらに防犯性を高めることができます。


家の美観や機能性の向上

外構は、家の外観を美しく見せたり、使い勝手を良くしたりする役割も担います。そのため、門扉やフェンスのデザインは、家の雰囲気に合ったものを選ぶとよいでしょう。また、カーポートやアプローチは、家の利便性を高める上で重要なポイントです。


・エクステリアとは?

エクステリアとは、家の外側の空間全体のデザインや雰囲気を指します。外構の構造物はもちろん、植栽や照明、水景など、家の外側にあるあらゆる要素がエクステリアに含まれます。

エクステリアの目的は、以下の2つです。

家の外観を美しくする
家の居心地の良さを向上させる


家の外観を美しくする

エクステリアは、家の外観を美しく見せるために重要な要素です。植栽や照明、水景などをうまく組み合わせることで、おしゃれで印象的な外観を演出することができます。


家の居心地の良さを向上させる

エクステリアは、家の居心地の良さを向上させるためにも役立ちます。庭にベンチやテーブルを置いたり、ウッドデッキを作ったりすることで、家族や友人とくつろぐスペースをつくることができます。また、照明を設置することで、夜間の安全性や防犯性を高めることができます。


・外構とエクステリアの違い

外構とエクステリアは、どちらも家の外側の空間を整えるものであり、密接な関係があります。しかし、外構は構造物や設備に重点を置いたものであり、エクステリアはデザインや雰囲気に重点を置いたものであるという違いがあります。


これから外構工事を検討している方は、まずこの違いをしっかりと理解しておきましょう。そうすることで、自分たちのニーズに合った外構・エクステリアを選ぶことができます。



■外構の種類

外構は、家の外にある構造物や設備の総称です。門扉やフェンス、カーポート、アプローチ、駐車場、庭など、家の外にあるものをすべて外構と呼びます。


外構の種類は、大きく分けて以下の3つに分けられます。

安全性・セキュリティを重視した外構
機能性・利便性を重視した外構
美観・デザイン性を重視した外構


・安全性・セキュリティを重視した外構

安全性・セキュリティを重視した外構は、家の外からの侵入者を防いだり、不審な動きを察知したりすることを目的としています。そのため、門扉やフェンスは、しっかりとした強度と耐久性を持ったものを選ぶことが大切です。また、防犯カメラやセンサーライトを設置することで、さらに防犯性を高めることができます。

具体的には、以下のようなものが挙げられます。

・頑丈な門扉やフェンス

・防犯カメラやセンサーライト

・シャッターや電動ゲート

・防犯砂利やブロック塀


・機能性・利便性を重視した外構

機能性・利便性を重視した外構は、家の使い勝手を良くすることを目的としています。そのため、カーポートやアプローチは、家の利便性を高める上で重要なポイントです。また、駐車場や庭は、家族のライフスタイルに合わせて設計することが大切です。

具体的には、以下のようなものが挙げられます。

・カーポート

・アプローチ

・駐車場

・庭

・デッキやテラス

・ウッドデッキ


・美観・デザイン性を重視した外構

美観・デザイン性を重視した外構は、家の外観を美しく見せることを目的としています。そのため、門扉やフェンスのデザインは、家の雰囲気に合ったものを選ぶとよいでしょう。また、植栽や照明なども、外観を美しくするための重要な要素です。

具体的には、以下のようなものが挙げられます。

・門扉やフェンス

・植栽

・照明

・水景

・ガーデンニング


■エクステリアの種類

エクステリアは、家の外側の空間全体のデザインや雰囲気を指します。外構の構造物はもちろん、植栽や照明、水景など、家の外側にあるあらゆる要素がエクステリアに含まれます。


エクステリアの種類は、大きく分けて以下の3つに分けられます。

機能性・利便性を重視したエクステリア
美観・デザイン性を重視したエクステリア
安全性・セキュリティを重視したエクステリア

種類としては、外構工事と同じような種類に分けられます。

しかし外構工事とエクステリアは、目的や対象、重視する点が異なります。


外構工事は、家の外にある構造物や設備の設置・修繕・改修を行う工事であり、機能性や利便性を重視します。

一方、エクステリアは、家の外側の空間全体のデザイン・雰囲気の向上を目的とし、機能性や利便性に加えて、デザインや雰囲気も重視されます。


機能性・利便性を重視したエクステリアは、外構工事の対象となるものも多く含まれます。しかし、エクステリアは、単に機能性や利便性だけを追求するのではなく、家の外側の空間全体をデザイン・雰囲気の観点から捉える必要があります。


具体的には、以下の点に注意が必要です。


・機能性と利便性のバランス

機能性や利便性を重視しすぎると、デザインや雰囲気が損なわれる可能性があります。一方、デザインや雰囲気を重視しすぎると、機能性や利便性が低下する可能性があります。


・家の用途や家族のライフスタイルとの整合性

機能性や利便性は、家の用途や家族のライフスタイルによっても異なります。例えば、車をよく使う家庭であれば、カーポートを設置したり、駐車場を広めにしたりするなど、機能性や利便性を重視したエクステリアを検討する必要があります。


・地域性や周辺環境との調和

家の外側の空間は、地域性や周辺環境にも影響を受けます。例えば、和風の住宅が多い地域であれば、和風のデザインのエクステリアを検討するとよいでしょう。


機能性・利便性を重視したエクステリアは、家の使い勝手を良くすることで、快適な暮らしを実現することができます。しかし、エクステリアは、単に機能性や利便性だけを追求するのではなく、家の外側の空間全体をデザイン・雰囲気の観点から捉えて、検討することが大切です。


■外構とエクステリアの選び方

外構は、家の外にある構造物や設備の総称です。門扉やフェンス、カーポート、アプローチ、駐車場、庭など、家の外にあるものをすべて外構と呼びます。

エクステリアは、家の外側の空間全体のデザインや雰囲気を指します。外構の構造物はもちろん、植栽や照明、水景など、家の外側にあるあらゆる要素がエクステリアに含まれます。


外構とエクステリアの選び方のポイントは、以下の3つです。

・予算に合っていること

外構やエクステリアは、費用がかかるものも多いです。予算に合った外構・エクステリアを選ぶことも大切です。例えば、安価な材料や工法を使うことで、費用を抑えることができます。また、DIYで外構・エクステリアを自作することも、費用を抑える方法のひとつです。


・メンテナンスしやすいこと

外構やエクステリアは、定期的なメンテナンスが必要です。メンテナンスしやすい外構・エクステリアを選ぶことも大切です。例えば、雨や風に強い素材を使うことで、メンテナンスの頻度を減らすことができます。また、メンテナンスしやすい素材や工法を選ぶことも大切です。


・ライフスタイルに合った外構・エクステリアの選び方

家の用途

家の用途に合わせて、外構・エクステリアの選び方を検討しましょう。

車の有無や台数、家族構成、趣味やライフスタイル等、家の用途にあわせて外構・エクステリアを選ぶことが必要です。


例えば、車をよく使う家庭であれば、カーポートを設置したり、駐車場を広めにしたりするなど、機能性を重視した外構・エクステリアを選ぶとよいでしょう。また、子供の遊び場を兼ねた庭を作りたい場合は、安全性や利便性を重視した外構・エクステリアを選ぶとよいでしょう。


家族のライフスタイル

家族のライフスタイルに合わせて、外構・エクステリアの選ぶ際は、家族の人数、子供の年齢や人数、ペットの有無や種類を元に検討すると良いです。

子育て世代の家庭であれば、子供の遊び場を兼ねた庭を作ったり、安全性の高い外構・エクステリアを選んだりすることが大切です。

ペットを飼っている家庭であれば、ペットが遊べるスペースや、ペットが脱走しにくいような工夫をした外構・エクステリアを選ぶとより良い環境にすることが出来ます。

■まとめ

ここまで、外構とエクステリア、それぞれの違いや選び方のポイントについて解説してきました。

外構とエクステリアは、家の外側の空間を整えるものであり、密接な関係があります。しかし、外構は構造物や設備に重点を置いたものであり、エクステリアはデザインや雰囲気に重点を置いたものであるという違いがあります。

外構・エクステリアは、家の外側の空間を整えるものであり、密接な関係があります。外構・エクステリアを検討する際には、まず自分の家の用途や家族のライフスタイルを整理し、どのような外構・エクステリアにしたいのかを具体的にイメージすることが大切です。また、予算やメンテナンス性も考慮して、最適な外構・エクステリアを検討しましょう。


アーカイブ

人気記事